ポケットwifi au 値段

ポケットwifiをご存知ですか?
簡単に説明すると、ポケットwifiは持ってさえすれば、家でも外出先でもPCやスマホなどの端末をネットにつなげられる便利なルーターです。
このポケットwifiはスマホのキャリアや、格安スマホ・格安SIMの会社など多くの通信会社から出されており、速度、電波の届くエリア、端末の機種、プラン、月額料金や割引などサービスが各社様々です。
今回はauで販売されているWiMAXというポケットwifiについて説明をしていきます。

 

様々なプロバイダがポケットwifiを提供している現在、docomo、ソフトバンクと並ぶ大手キャリアであるauもポケットwifiを販売しています。
ただし、auで販売されているポケットwifiはau独自の商品ではありません。
auで知られるKDDIの系列会社であるUQコミュニケーションズが開発したWiMAXを販売しています。これには理由があるのでそちらをまず説明します。

 

WiMAXとは

 

WiMAX以外のポケットwifiは、携帯電話やスマホが使っている電波である、LTE回線を使うためユーザーが多くてあまり回線に余裕がなく、通信エリアや速度などのサービスが不十分な点があります。
その点WiMAX回線はWiMAXでしか使っていない回線なので余裕があり、データ通信量の制限や通信速度などのサービスが充実しています。

 

WiMAX回線を開発したUQコミュニケーションズは、多くのユーザーを獲得するためにプロバイダと呼ばれる販売代理店制度を設け居ています。
UQコミュニケーションズ一社だけでWiMAXを販売すると、宣伝費や人件費など様々なコストを一社で背負うことになります。
しかし、複数の販売代理店からも販売すれば、各プロバイダがそれぞれWiMAXの宣伝を行うので、ユーザーの認知度が上がります。

 

さらにプロバイダ各社が競争をすることで、月額料金やキャッシュバック・割引などの値段面や顧客サービスの面でユーザーへの還元が行われ、WiMAXはさらに普及しやすくなります。

 

以上のことから、UQコミュニケーションズは回線を開発した自社や同じくKDDI系列のau以外にも、大手家電量販店やSo-netなどのプロバイダを通じてWiMAXを販売しているのです。

 

お得な値段でWiMAXを使いたい場合どこのプロバイダと契約すればいいのか

 

WiMAXが複数のプロバイダから販売されていることを説明しました。
ではどこのプロバイダと契約をすればいいのか。
決め手はキャッシュバックや月額料金などの値段面になります。

 

ここでWiMAXのプロバイダについて、注意しておくべきことがあります。
一つ目は、どのプロバイダで契約をしてもプランは、通常プランといわれるデータ通信量が月当たり最大7GBまでのプランと、データ通信量実質無制限のギガ放題プランといわれるプランの2つとなるということです。

 

二つ目は、どのプロバイダで契約しても、通信エリアや通信速度などのサービスに変わりがないということです。
つまり、WiMAXはどのプロバイダと契約しても、同じように利用ができます。
ではプロバイダによって何が違うのかというとそれは販売形態、それにキャッシュバックや割引などの値段面になります。

 

値段が違う理由その1 販売形式について

auのように専ら店頭で販売している店舗型以外に、WiMAXにはWeb上のみで販売をしているWeb型があります。
店舗販売のメリットは店員と顔を合わせて説明を受けながら契約ができるということです。
Web型でもチャット形式で質問をすることはできますが、Webでは苦手という方もいるでしょう。

 

ただし、店舗型ではどうしても店舗の運営費が掛かりますので、Web型に比べて必要経費が高くなってしまいます。
結果、キャッシュバックを計算に入れても月額料金などの値段は店舗型のプロバイダの方が高くつきます。

 

値段が違う理由その2 プロバイダ間の価格差について

WiMAXをお得に使いたい場合、店舗型よりWeb型の販売形式をしているプロバイダと契約する方がよいということは上で話しました。
では、Web型ならどこのプロバイダがいいか…その時にポイントになるのがキャッシュバックと月額費用です。

 

わかりやすく説明するために、キャッシュバック金額が最大級のGMOとくとくBBと、キャッシュバックをなくしてその分月額料金が最安級となっているBroad WiMAXというプロバイダとを例に説明します。
どちらも条件は以下の4点の場合とします。

  • 2年間契約
  • ギガ放題プランを利用
  • クレジットカード払い
  • W04端末利用

 

 

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

事務手数料

3,000円

3,000円

端末代金

0円

0円

月額料金契約〜2か月間

3,609円

2,726円

月額料金3か月目から24ヶ月

4,263円

3,411円

キャッシュバック

31,100円

0円

2年間総支払額

73,004円

83,494円

 

2年間に払うすべての値段の合計は、GMOとくとくBBが約1万円分もお得になります。
ではGMOとくとくBBで契約!と飛びつきたくなりますが、実は意外な落とし穴があります。
それはキャッシュバックをもらうのが難しいということ。
実際契約者の半数以上がキャッシュバックを受け取れていません。

 

キャッシュバックの受取はハードルが高い

簡単にGMOとくとくBBの、キャッシュバック受け取り方法を説明します。
契約から11ヶ月目に、契約時に登録したGMO用のメールアドレスにキャッシュバック振り込み用の口座指定の案内が届きます。
そのメールをもらってから1か月以内に口座指定をすれば受け取れるという流れです。

 

ですが、メールが届くのが契約から11か月後で、しかも、普段使っているアドレスではないアドレスです。
また、たくさんの広告メールの中に埋もれたメールを探す手間もバカになりません。
さらにキャッシュバックの申請期間は、たったの1か月しかないのです。

 

この条件でも確実にキャッシュバックを受け取れるかというと難しいです。
受け取れなかった場合の、GMOとくとくBBの総支払額は104,004円となります。
Broad WiMAXより2万円も高くなってしまうということです。

 

 

auでスマホや携帯を契約している方にはauスマートバリューmine割引が

 

auのスマホや携帯を利用している方は、スマートバリューmineという割引サービスを利用することができます。
このスマートバリューmineという割引サービスは、auの契約者がWiMAXを利用すると、スマホや携帯電話の料金を月々1,000円程度割り引いてくれるというサービスです。
これはauからWiMAXを契約しなくても、他のプロバイダでも利用できますのでau利用者はぜひ使いたいサービスです。

 

 

結論

 

WiMAXは独自のWiMAX回線を使っているので、他のポケットwifiに比べサービスが充実しています。
そんなWiMAXを契約するのであれば、Web型で、確実に利益を受けられる月額料金が安いプロバイダで契約をすることが大切です。
WiMAXでは月額費用が安いからと言って、プロバイダ間でサービスエリアの差や、データ通信量の差はありません。